お知らせ

クラウドサービスは20年前の asp からずいぶん時間がたち、昨今はだれもが比較的簡単に低価格で導入できるクラウドサービスが増えてきて、市場にも当たり前のように広まってきました。導入のご相談、サポートを承ります。

2016-05-20

 クラウドサービス    2017-06-13

クラウドサービス

企業でも個人でも、PCだけでなくタブレットやスマートフォンの普及に連れて、知らず知らずのうちに利用が増えている 『クラウドサービス』 について、ここでは企業の立場から効果的な活用やその選択について考えてみたいと思います。

クラウドサービスが普及した理由の一つは、女性活躍や地域創生が話題になり、多様な働き方が求められるようになったこと。
もう一つが、どこに居ても手軽にインターネットにつながる環境ができ、各ベンダーによるクラウドの環境が整備されてきたことにあります。

企業経営において、例えばマイクロソフトやセールスフォースが日本国内にクラウドサーバーを用意し、日本の経営者にも安心してバックオフィスの日常業務を使えるようになりました。

また IT の専門的知識のない人でも簡単に作れる 『ホームページ』 、簡単に扱える会計ソフト、販売管理、レジもクラウド上でセットしてすぐに使えるようなソフトウェアが増えており、従来から比べてローコストで、所有せず時間もかけずに IT を使える企業環境が整って来ました。

また、Facebook に代表されるような SNS (ソーシャル・ネットワーキング・サービス) では、情報発信と共有が簡単にできることから、双方向のネット上でのやり取りが、企業の経営環境までも変化させています。

情報を扱うデバイスもたくさん種類が増え、PC ・ タブレット ・ スマートフォン などの情報通信機器だけでなく、時計 ・ テレビ ・ 車のナビゲーション など生活に使われるもの、体重計や血圧計などの健康機器など、身の周りのあらゆるモノがインターネットにつながり、リアルタイムの情報が飛び交っているのが現在です。

地方であっても独自の強みのある企業様は、場所や時間を選ばず、仮に店舗を持たなくても商品やサービスを提供したり、利用できる 時代になっています。



クラウドサービスの選定

クラウドサービスについては、ずいぶんと使いやすいサービスが増えています。
初期投資はそれほどかかりませんが、ずっと続けていかなくてはならないことから、ランニングコストは利用している限り続いていきます。
長く続けていると、それなりのコストがかかりますから、利用期間も考慮して選定する必要があります。

一方、一番のメリットはサーバーのメンテナンスやソフトウェアのバージョンアップ、その不具合については、提供者側ですべてを請け負ってくれることから、メンテナンスについてユーザーは気にする必要がありません。
また、データにはインターネットがつながっていれ、いつでも、どこからでも誰でもアクセスできることから、共有範囲を決め、権限を決めた上で、鮮度の高い情報の共有や整理が進んでいきます。

注意点としては、セキュリティの視点から考えると、いろいろな注意が必要になります。
どのような課題を解決するためにクラウドサービスを使うのか、といったそもそもの原点を忘れずに、他のシステムのデータと連携ができるかどうか、といった視点も忘れずに選定していくことが大切になります。

【参考】 ・総務省: 安心してインターネットを使うために  『 国民のための情報セキュリティサイト 』
(パブリッククラウドサービスについて記載されています。)
・IPA:    中小企業のためのクラウドサービス 安全利用チェックシート付
一般社団法人 クラウドサービス推進機構  お勧めのクラウドサービスが随時紹介がされています。


まとめ


    ・ 長期間にわたる利用について、コストは初期費用・メンテナンスの運用費用も含めて比較検討する。

    ・ 課題を解決する目的に合致しているかを確認する。

    ・ 他のデータと、何らかの形でデータ連携ができるかどうか確認する。

    ・ 期待する効果、人材の活用やその利用方法について、デバイスも含めて 「どういった使い方をするか 」、「 どう管理していくか 」、事前に決めておく。

    ・クラウドのセキュリティについて、自社のセキュリティポリシーと照らし合わせ、安全利用のために検討し、新たなポリシーを作成する。

以上、これだけではありませんが、「 最低限抑えるべきこと 」 として記載いたしました。


無料相談はこちらから

☆★☆ 御社のやりたいことを、ITに落とし込むために、まずはこちらからお問い合わせください☆★☆

 

おすすめクラウド



Facebook
使い慣れた Microsoft社 クラウド Office365 !
常にOffice の最新版を使え、クラウド上でも共有できます
WEBとFacebook
SalsForce 連携できるアプリが増えてきました!
営業支援のクラウドソフトウェアの定番!

Facebook
EverNoteを使った 組織のマネジメント力 強化!
用途が幅広い、クラウド使ったマネジメント術。
WEBとFacebook
簡単! WEBサイト作成!
自社で作り運用できるクラウドのWEBサイト作成ソフト

Content